年3回チャンスあり!簿記検定

自分が受験した、簿記検定の会場での様子です。こんなことってあるのかとゆうエピソードを書いてます。

年3回チャンスあり!簿記検定

簿記の受験場の席が運命を左右する!?

10年程前でしょうか、1級の簿記検定を受験にチャレンジしていた私。税理士試験の受験資格を得たかったのが目指した理由なのですが、日商簿記検定と、全経の簿記検定上級のどちらかに合格すれば受験資格が与えられたので、ひたすらがんばっていた時期の事です。当時簿記の学校に通学していたので、日商簿記検定は試験会場をほとんど希望通りで受験することが可能だったのですが、全経の受験会場は、郵送で受験番号が届くまでわからなかったんです。(今は違うかもしれませんが。)私が希望していたところではなく、いったこともない会場で不安でした。
受験当日、会場はとある会計の学校。お世辞にもきれいではなく、狭い。机と机の間の通路は、背伸びをしてバッグを上に引き上げながら席に付く。とゆう感じで、自分の行ってる学校なら快適だったのに。なんて思いながら、席に着き、試験開始を待っていました。すると、ドスドスと音を立てながら、受験生らしき人がこちら方面に歩いてきました。隣に来ないでほしいと思ったのも束の間、私の隣に大きな身体の男性が、ドスンと座りました。あちゃーと私のテンションは下がり、試験中もその男性は消しゴムを机いっぱいに動かして消すし、汗を拭き拭き、大きなため息等々が気になり、勉強不足は否めませんが、不合格でした。あの男性が合否がとっても気になっていたのですが、知るすべもなくわかりませんが、でもなかなか経験できない事だし、今となっては、いい笑い話となりました。

Copyright (C)2019年3回チャンスあり!簿記検定.All rights reserved.