年3回チャンスあり!簿記検定

簿記の2級を受験するときにはコツがあります。受験するときには問題に目を通し解く順番を決めておく事です。

年3回チャンスあり!簿記検定

簿記の2級を受験するときのコツ。

簿記の2級を受験する際に合格するパターンと失敗するパターンについて書いていきます。簿記を受験した際の失敗するパターンは、どの試験でもそうですが、そうですがミスを品事です。まずミスをしない事が基本です。コツのまず一つ目は、問題を解く順番を考える事です。問題は、どの順番で解いてもかまいません、失敗するパターンは、第一問から順番に解いていくパターンです。
第一問から手をつける事はけっして間違いでは、ありませんが、第2問の問題は少し変わった問題が多いです。第一問の後に第2問に手をつけるとあせってしまう場合が、多いです。その後の第3問は書いていく問題が多いため出題数が多いです。第2問で動揺した後に第3問にとりかかると、対応できない場合が多いのです。その後に知識の集合の第四問、工業簿記に手をつけてしまうと、問題の内容を理解する前に時間ばかりがけいかしてしまい、これではだめだと第五問に進んでも同じ事です。
こういった失敗をしないためには、第一問を解いた後に、第四問と第五問の工業簿記に手をつけます。最初に仕訳問題で点数を稼いでおいて次に理解しておけばとれる工業簿記に手をつけるわけです。最初の段階では時間があるために、じっくり考えてから工業簿記に時間を費やせます。そして次に第3問をときます。第3問の問題数は、多いけれど基本的な問題の集まりです。そうして、変わった問題の第2問に取り掛かります。第2問では部分点を稼ぐつもりでよいので割り切って解答していけます。第2問に簡単な問題が出る場合はこのケースに当てはまらないので、第2問から解答するのも有効です。開始の合図があれば、最初に問題に目をとおし解答する順番を決めておきます。これが簿記を受験するときのコツです。

Copyright (C)2019年3回チャンスあり!簿記検定.All rights reserved.