年3回チャンスあり!簿記検定

簿記の資格を受験するための効率のいい勉強方法やコツなどを自分なりに書いてみようと思います。

年3回チャンスあり!簿記検定

簿記の資格を受験するために

簿記の資格といってもいろんな種類があるのですが、一番有名なのは日本商工会議所が主催している日商簿記が一般的でしょうか。この資格の問題集は普通の本屋でもいっぱい取り扱っているので、勉強する教材には困らないと思います。受験の種類ですがこの日商簿記の場合3級から始まり、1級まであります。基本的に3級は個人経営で使う簡単な会計のみの問題なので、学生でも2週間ぐらい勉強すれば受かります。ただし、企業でアピールするには不十分で経理などの道へいくのなら最低でも2級は持っておきたいところです。勉強方法は簿記に限ったことではないですが、まず問題集で試験範囲を一通り理解したあと、問題集と過去問で自分の知識の穴を埋めていくという作業をひたすら続けるのが近道だと思います。特に2級ぐらいになるとややこしい計算などもでてきますので、問題を見ただけでどうするのかというのをイメージできるようになっておくのが望ましいと思います。
受験して受かるコツとしましてはなぜこういう仕訳になるのかなどということをとことん考えて、納得がいくまでやり尽くすことですね。そのためには簿記に対して興味をもたなければいけません。興味をもって時間を割いてでも理解しようという思いがあれば意外とうまくいくものです。受験時でもその問題の仕訳を楽しんで行えるようになれば時間を気にして緊張して結局合わなかったという事態にもなりにくいです。普段からなぜそうなるのかというのを考えることを意識して問題、回答を見る癖をつけてください。

Copyright (C)2019年3回チャンスあり!簿記検定.All rights reserved.