年3回チャンスあり!簿記検定

私は、学生時代に日商簿記検定の受験をしました。経理職などの事務関連の職種に就きたかったからです。

年3回チャンスあり!簿記検定

日商簿記検定の受験をしました

私は、学生時代に会計学を専攻していました。会計学を専攻した理由は、将来は税理士になりたいと考えていたからです。しかし、急に税理士になれるわけでもないので、経理職などの事務関連の職種に就いて、きちんと勉強しようと思っていました。私が就職活動を行っていた時代も、とても不景気でした。同期のたくさんの人が、就職先がなかったり、憧れの職種に就けなかったりと色々と悩んでいました。就職活動もまだ先のことと思っていた大学1年生の時に、日商簿記検定の存在を知りました。また、その検定を取得していると就職に有利になる場合もあるとわかったので、勉強してみることにしました。
私の勉強方法は、とりあえずテキストを読み、例題を解いてみる、という繰り返しでした。しかし、検定日が近づくと過去問題に突入します。そこで、自分の弱点が浮き彫りになってきます。大学で少しは楽しみたい学生生活も、簿記の受験勉強で時間が潰れていたような記憶があります。もう少し、友達と一緒に遊んだりもしたかったなあと今になって感じています。友達も一緒に勉強していたので、良い思い出かもしれません。私は、日商簿記検定の2級を取得して、就職活動を行いました。そして、希望していた経理職に就くことができました。その時は、とても嬉しかったです。
現在は、転職をしてしまったので、経理職からは離れている上に、税理士の勉強もあまり進んではいません。しかし、近い将来また経理職をしてみたいという気持ちがあります。大学の時に、勉強して身につけた簿記の知識も、これからの将来にきちんと役立てることができればいいなあと思っています。そして、税理士の勉強も頑張っていこうと考えています。
おすすめ情報

Copyright (C)2019年3回チャンスあり!簿記検定.All rights reserved.